arms hair & make-up

ブログ

イベント Archive

某大学 日本髪で卒業式

3月 某大学 4人組が 日本髪で卒業式に

という事で やらせて頂きました。

20140318_1.jpg

早朝から 何しろ 時間がないので

超スピードコースで。

20140318_2.JPG

何とか 出来上がり、

行ってらっしゃーい!!

日本髪セミナー ベル・ェ・ベル美容専門学校 and ベルコム

20131017・18_0.jpg

2日間連続の セミナー させていただきました。

20131017・18_1.jpg

1日目 場所は神戸・三宮 ベル・ェ・ベル美容専門学校様
建物の立派さ に驚きをおぼえつつ、
しかも先生達、何かイケメンが多い!明るい!
私の出身校とは 天と地の差があるねー。

20131017・18_2.jpg

手作りのウエルカムボードがお出迎えしてくれました。

セミナールーム、機材等 全て充実してましたね。

早速プロジェクター、PA等のチェックをして

20131017・18_3.jpg

モデルをしてくれる生徒さんの下準備に入ります。

20131017・18_4.jpg

ショー的なものよりも より近い場所で 

現場のスタッフのような感覚で見てもらいたくて

まず、舞台から降りて 実演開始。

20131017・18_5.jpg

そして、生徒さん達に自由に動いてもらうようにしました。
前年に別の美容学校生対象のセミナーをしましたが
今回も そう!
若い子達の 感受性 すごく いいです。
「最近の若いやつらは・・・・・・」
本当にいいんです。
楽しい一時でした。

20131017・18_7.jpg
最後に皆で 記念写真
亮介が ちょっと イケメン扱いされてたので
ちゃんと説明しておきました。

終了後 この足で 大阪へ移動
次の日のために 荷物の搬入。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20131017・18_8.jpg

そして、大阪梅田のベルコム様
ここも やはり デラックスです。
建物が新しいのもありますが
20131017・18_10.jpg
スタジオもすごい設備が 充実してます。

20131017・18_11.jpg

実演開始。
今回もはじめは こんな感じですが、

20131017・18_12.jpg
やはり 直に 見てもらったほうが
伝わりやすい。

やっぱり、リアクションがいいと
こっちも ノリますね。
学校関係者の皆様 生徒の諸君
本当にありがとうございました。
是非また、呼んでください!!

酒サミット2013

京都・日本酒サミット2013 SAKE & Kyoto Cool Crafts」と称した、日本酒と京都の伝統産業品の祭典

20131012_1.jpg

2013年10月12日に みやこめっせ で行われました。
先日 選ばれました ミス日本酒の3人も現場へ!
彼女たち 3人のヘアセット 担当させていただきました。

20131012_2.jpg


門川京都市長をはじめ 
日頃からお世話になっております 増田徳兵衛商店の増田さん達による
鏡割り から始まりました。

20131012_3.jpg

今回の森田さんの髪型は「兵庫髷」
しっかり 古典 でさせて頂ました。

20131012_4.jpg

何か ゆるキャラが いましたが
デザインが そのまんま!!

 

ミス・日本酒(Miss SAKE)

京都市清酒の普及の促進に関する条例
第1条
「この条例は,本市の伝統産業である清酒(以下「清酒」という。)による乾杯の習慣を広めることにより,
清酒の普及を通した日本文化への理解の促進に寄与することを目的とする。」
全国の自治体にさきがけて こういう条例が 出来ました。
この条例の関連企画として「ミス・日本酒」選考会。
今回は ヘアメイク 担当させていただきました。
最終選考は10人、その中から たった一人を選ぶ訳なのです。

131002_1.jpg

関係各社はこのとおり。
後援が外務省、国税庁に始まり 協力企業に ありますね arms hair&make-up
前置きは この辺で、 スタッフ総勢 11人で行ってまいりました。
1週間前に 全体レッスンを行い、全員のスタイルは 私が決めました。
当日はおのおのが 実際に形にしていくのですが、

131002_2.jpg

131002_3.jpg
131002_4.jpg
131002_5.jpg
最初が和装。勿論着物です。
今回も 資生堂プロフェッショナル様に商品提供頂ました。
毎度 感謝でございます。

和装は時間的に 余裕がありますが
この次の ドレス・スタイル変更時には
超短時間での スタイルチェンジが求められます。
これを念頭においてのスタイリング!
・・・・・・・・・・・・
出来上がりを少しばかり。
131002_6.jpg

「垂髪」をイメージしました。
131002_7.jpg
典型的な日本髪 スタイルチェンジのため 油は不使用

131002_8.jpg
そして こちらは「玉結び」
そんなこんなで 準備完了
131002_9.jpg

ステージ上に 全員がラインナップ。

131002_10.jpg
131002_11.jpg
山田知事、門川市長の 挨拶に始まり

131002_12.jpg
131002_13.jpg
それぞれのアピールタイムに入るのですが、
スピーチは 英語 のみ。
超 海外を意識した内容であることが 解りますよね。

131002_14.jpg

131002_15.jpg
この後 地獄のスピード チェンジ。
嫌な汗をかきながら うちのメンバー 頑張ってくれました。
ドレスに着替えた後
審査員からの質疑応答を乗り越え
選ばれましたのは 森田 真衣 さん。
131002_16.jpg
131002_17.jpg

愛葉代表との2ショット
そして 2位、3位の 木村結乃さん・塩田愛実さん
2014年は彼女たちを中心として
数多くのイベントが開催される予定です。
勿論 私も少々 絡ませていただきます。
これを機会に 皆様 日本酒を
どうぞ お召し上がりくださいませ。

2013・0704関西大学にて

立命館大学に 京都学 というのがあります。
日本の文学・歴史・文化を育み、日本のすべてがある京都。
京都学プログラムは、今なお日本の歴史が息づくこの京都を学びの拠点に、
総合的・学際的に日本文化を研究し、海外に発信する・・・・・・

なるほど と思いつつ
でも 今回は関西大学。

130704_1.jpg

京都の花街についての授業だそうで、
舞妓の髪型「お福」結いました。

130704_6.jpg

少人数クラスで そのほとんどは 外国からの留学生です。

130704_8.jpg

意外と言えば 失礼かもしれませんが
皆 ちゃんと見てますね。
間違いなく こんな工程
見るのは 初めてでしょうし。
私的にも 反応が不思議でした。

この後、舞妓の髪型が ここに至るまでの
平安時代からの髪型の変化の様子を
襖絵や浮世絵を使って解説しました。

人生で2度目の大学での講義でしたが
これはこれで 面白い。

'13 KBS京都「とっぴもナイト」

2013年7月20日にオンエアー、
KBS京都の番組 「とっぴもナイト」にゲストとして出演させていただきました。

toppimo_1.jpg

収録は この番組のスポンサー「天下一品」系列の 先斗町「味がさね」で行われました。
私には非常に都合の良い場所でしたね。
歩いて5分ほどですし。

toppimo_2.jpg

司会・進行は 放送作家の池田幾三さん。
木村勉(天下一品社長)、河内家菊水丸さん、馬場尚子さん、
そして 私、花田 というメンバーです。

私のような 素人ゲストが 自分の活動に関して 30分間話ができる。
なんとありがたい番組なのでしょうね。

toppimo_4.jpg

しかしTV番組なんて 今までも数回しか 出たことないですし やはり緊張モンです。
事前にスタッフの方々と 打ち合わせ しましたが、
本番が始まれば 案の定 全く予想外の方向へ。
前もって 質問事項等の内容を知らされているわけでもないので
完全な"ぶっつけ"です。

toppimo_8.jpg

toppimo_9.jpg

toppimo_3.jpg

事前にパーソナリティーの馬場さんの髪をセット。
勿論 日本髪のテイストを取り入れた髪型にしました。

toppimo_5.jpg

toppimo_6.jpg

私が今までに創った作品をベースに
江戸時代に入っての
爆発的な髪型の進化の話。 

toppimo_11.jpg

また、
ipadを使って
平安時代からの日本人の髪型の変化の様子など
若干 歴史の授業みたいになってしましましたが。

最終的には 私の真骨頂、
古典の日本髪のテイスト、スキルを
限りなく取り入れた
現代の花嫁の髪型としての「文金高島田」
勿論 アームズ の宣伝も しっかりさせていただきました。


序盤こそ ちょっと おとなしく 振舞っておりましたが
好き勝手に 話させていただきました。
驚いたことは
かなりマニアックな内容で
おそらく普通の方はご存知ないはずの事柄の数々 
のはずでしたが
池田さん、知ってます。
知識の豊富さに ビックリ。
放送作家という職業の方々が
皆 こんなに博識なのか 
やっぱり すごい人は いるねー。

大阪 岡本商会 カットセミナー 2013年5月27日

20130527_7.jpg

2013年5月27日
美容師の皆様はご存知の 大阪ナンバ 岡本商会にて
カットセミナー「質感カットへの誘い」行いました。
60年代 ビダル・サッスーン以降
ファッション(流行)の移り変わり、お客様のニーズの変化に伴い
カット技術は様々な変化を遂げてまいりました。
「再現性の高いスタイルの提案」
今では当たり前のこのフレーズに対する
「削ぎ」による 質感調整、毛量調整、骨格補正 など
アームズの 必須項目としての レッスンカリキュラムを
ご紹介させていただきました。

20130527_1.jpg

モデルさんの仕込みの様子です。
今回は サロンでの営業ベースのスタイルの展示です。
メイクアップ終了後
モデルの髪を完全ドライ かつ ストレートアイロンでまっすぐにしておきます。

20130527_2.jpg

今回、使用するスタイリング剤は
資生堂プロフェッショナルさんにご協力いただきました。
ありがとうございました。

20130527_3.jpg

モデルさんの仕込みが終わって
リハーサル。
限られた時間の中
全体の流れを おさらい。

20130527_4.jpg

セミナーの開始
今回の趣旨の説明と
アームズで行っておりますカットレッスンの内容を解説。

20130527_5.jpg

アームズで実際に行なっています
ウィッグを使ってのドライカット ワンレングスのベーシックの様子
動画を使って 丁寧に解説していきます。

20130527_6.jpg

20130527_8.jpg

20130527_9.jpg

そして、実演。
スタイルは マッシュルーム・ベース。

「削ぎ」
セニングを使っての 削ぎ
方法は無数にあります。
そこで私は最初に
セニング・テクニックのスタンダードを考えました。
A のスタイルを B のシルエットに変化させる
そのための 技術の基本を 確立させ
いくつかのバリエーションをクリヤーすることで
「削ぎ」をロジカルに思考し
いろいろな髪質のお客様に対応できるはずです。

6月はウィッグを使って実習講習を行います。
良い お土産(技術と理屈)をもって帰って頂けますよう
全力で頑張ります。

Special Thanks(敬称略)
・岡本商会
・資生堂プロフェッショナル
・谷村 真規(バスク)
・アームズ スタッフ

ありがとうございました。>

日本髪結髪実演 for 東京マックス美容専門学校

2012年11月8日 みやこめっせ におきまして
日本髪結髪の実演をさせていただきました。

東京のど真ん中 美容学校の中でも トップクラス
生徒さん達のモチベーションの高さは想像できますよね。

午前中のステージでしたので 早朝からの仕込み。

121108_1.jpg

モデルはいつものごとく モデル事務所にお願いして
髪の下準備と メイクアップ。

121108_2.jpg

着付けは 伝統美容技術協会のメンバーにお願いしました。

121108_3.jpg

会場のセッティング、展示用の写真を配し 準備完了。

交通事情で 少々遅れてのスタートでしたが

121108_4.jpg

まずは お勉強!
 髪型の移り変わりと 日本文化が海外のアーティストに与えた影響。
特に 印象派の画家達と浮世絵の関わりは 有名ですよね。

121108_5.jpg

121108_6.jpg

そして メインの結髪実演。
実演は 花嫁の代表的な髪型 「文金高島田」
衣裳は これもまたまた
いつもお世話になっております 「あゆみブライダル」
御礼の言葉もありません。
皆様、婚礼貸衣裳 ご入用の際は
是非とも 「あゆみブライダル」 へ!!

121108_7.jpg

髪が完成して 舞台の上で 打掛を着せます。

121108_8.jpg

そして モデルさんの ウォーキング

121108_9.jpg

ステージ終了後 恒例の写真撮影。

短時間では有りましたが 楽しい時間を頂きまして
ありがとうございました。

正直、美容学校生の日本髪に対する良い反応に
驚きました。
東京マックス美容学校が 特別なのか
今の若者たちの感性が優れているのか。
だって 日本髪なんて 日本中の美容院では
ほぼ どこもやってません。
言い換えれば 必要ない技術・・・ 
にもかかわらず。

このような 楽しい企画 頂きました
東京マックス美容学校 様
トップツアー株式会社 様
そして
あゆみブライダル
みやこめっせ スタッフの皆様
伝統美容技術協会 メンバーの皆
ご協力に感謝です。

本当にありがとうございました。
又会いましょうね。

花田

VOICE OF KYOTO academia vol-2

5月21日(月) VOICE OF KYOTO academia に講師として参加してきました。
私の知人の中でも非常に 知識レベル、人間力、共にハイクラスの 実に"興味深い男性"
宮下氏が主催ということで 最初から興味があったわけで。
基本的にサロン拘束時間の長い私は この手の 会 に参加することが非常に困難で
今回は私の都合に合わせていただいて感謝です。
私の立場は「講師」ですが、通常の 先生と生徒 の関係ではなく
オーディエンスの方々は 厳選されたその道のプロ。
建築デザイナー、テキスタイル・デザイナー、染色家、etc,
業種は様々ですが 一線で活躍されている方々です。
私はヘア・デザイナー、そして結髪師 として 過去の事例やこれからの取り組みなどについて
語っていくわけです。
そして共に考える。
和装関連など、特に伝統技術を要する仕事の場合
共通の問題等も数多く 色々と収穫を得ることのできた一日でした。
私のような 結果的に「伝統技術の継承」などという
非常に大きな課題、大きすぎる得体のしれないものを背負ってしまった者に
色々ヒントを 与えてくれます。
この出会いを大切に、そしてこれからも・・・・頑張ろー。

2012VoKA_1.jpg
                                      撮影:宮下氏、林氏

昨年の長沼学院祭 雑誌掲載

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
ところで
昨年10月によんでいただいた
長沼静きもの学院 学院祭の様子を
美容業界誌 SnipStyle で紹介していただきました。
ありがたいことです。
今年も更に頑張ります。
皆様よろしくお願いします。

snip12_02.jpg

Page Top