arms hair & make-up

ブログ

2013年9月16日 前撮り

新婦様が 長年のお客様
「嫁に行くときは オレに 髪 やらせて」と言い続けてXX年
念願のこの日がやってきました。

20130916_27.jpg

20130916_25.jpg

20130916_26.jpg

今回は 文金高島田 結髪プロセスを
より詳しくご紹介させていただきます。

20130916_1.JPG

これらが全て 頭に乗っかります。

20130916_2.JPG

まずは くせ直し。
祇園の結髪師さんたちは いまでも
「鉄ゴテ」を使用してます。
コテを電気コンロのようなモノで加熱して・・・・
(結構 怖い)
私は 安全重視で ワッフル・アイロン 使います。

20130916_4.JPG

まずは 「根」から。
全ての髪が 根 に集まる訳ですから
ここがしっかりしないと 台無し なのです。

20130916_5.JPG

20130916_6.JPG

そして 髱(つと)。
花嫁らしく スッキリと。

20130916_8.JPG

20130916_9.JPG

20130916_10.JPG

20130916_11.JPG

鬢(びん)をつくります。
出来上がりをしっかりイメージし、
髪を結んでから 中に「毛たぼ」を入れます。
丸い、可愛い感じが似合いますね。

20130916_12.JPG

20130916_13.JPG

20130916_14.JPG

前髪をつくります。
ボリュームアップのため つけ毛を足して
鬢とのバランスを考えながら
形を整えます。

20130916_16.JPG

20130916_17.JPG

20130916_18.JPG

20130916_19.JPG

そして、髷(まげ)。
根に 高さ をつくって
表面に「根かぶた」
内側に「さきぞへ」
という つけ毛 を足します。

20130916_21.JPG

20130916_22.JPG

20130916_23.JPG

細部を綺麗に整えて
最後に飾りをさします。
花嫁の代表的な髪型「文金高島田」の完成です。
凛としていて 品のある 日本髪です。

20130916_28.jpg

撮影日,
記憶に新しい あの嵐山などが えらい事 になってた
台風の翌日。
大阪在住の新郎さんが来ない!!
だって電車止まってるし!
何とか 阪急 桂駅 から三条木屋町まで
徒歩。
あまり良い条件ではありませんでしたが
無事終了。
出来上がった 新郎さんの写真を見て
私の頭に浮かんだ言葉

20130916_30.jpg

お幸せに!!

コメントする

Page Top